他人との比較




周りのみんなはできてるのに…私だけ…
友達は頑張ってるなのに私は… 
 
 
そう感じたことはありませんか?
これが比較です。
  
 
人間というものは、周りを見てしまう。
でも周りを見る時の感情は人それぞれ違う。 
 
 
「なんやねんアイツ」「何か…スゴイ」
「めっちゃ頑張ってる…」「私だけ何もてきてない…愚かだ…」 
 
 
といった感じです。
一番下の気持ちは多くの方が体験しているのではないでしょうか? 
 
 
自分はまだまだ。みんなは頑張ってる。 
 
 
これは謙虚を超えた感情になんです。
  
 
なら、ここからあなたならどうします?
  
 
・周りに追いつくまで頑張りますか?
・がむしゃらに頑張りますか?
・自分を殺して頑張りますか?
  
 
僕はどの選択もあまり好みません。
でも半年前であれば、ぼくは一番下を選んでいたでしょう…
  
 
自分を殺す。自分の心の叫びを無視する。
  
 
果たしてこの選択をした結果、得られるものはあるのでしょうか?
  
 

 
テストなどであれば高得点をとったり、いろいろとプラスになることもあるでしょう。
でもここで一度考えてください。
  
 
自分を殺して頑張ったあなたは、さらに自分を殺すことになるはずです…
   
 
 
これを僕は「自分いじめ」と呼んでいます。
  
 
 
未だに自分いじめが止められない時も実際にあるのですが、半年前に比べたらだいぶ改善されています。だからこそ言えること。
経験しているからこそ言えること。
  
 
無理矢理でもいいから、自分を褒めよう。
  
 
周りなんてどうだっていいんです。
協調性が少々あるだけで十分。
  
 
他人と比較して、何かプラスになりますか?
学校の先生達は比べる先生が多く、成績だけで人の価値までもが決まるような社会になっていますが、そんな流れに乗りたいですか?
テストの点だけで評価されたいですか?
それでは人間として成長できないと思います。

 

 

ここで!些細なことでも自分を褒める。
最初はかなり難しいけれど、だんだんできるようになってきます。
とにかく自分という土台を堅くしましょう。
  
 
己がつよくなれば、必ず道は開けます。
自分らしさも見つかり、より楽になるはず。
  
 
比較しちゃう癖があるのは本当によく分かります。僕も昔からそうでした。
  
 
ここで以前お伝えした客観視
比較している自分を客観視してみてください。
「あれ?この比較って必要なの?」
と思える日が必ずきます。
  
 
少々大袈裟に言うと、自己中。
それくらいの感覚を意識して生活してみてください。
意識しないと何も始まりません。
  
 
まずは自分を褒める。そして客観視する。
  
 
これで比較しちゃう癖も何とかなるはずです。僕はこの2つの方法で少しだけ抜け出せました!
  
 
僕はみなさんの味方です。
一緒に乗り越えていきましょう(^-^)
  
 
最後まで見てくださってありがとうございました!
少しでも僕の気持ちが伝われば幸いです。
  
 
たける
 



複雑な人生経験
Takeru history

僕の怒涛の人生?を綴ります。これを見てくださった方に「ひとりじゃないんだよ」ということを伝えられたら嬉しいです。







当ブログでも使用!
WordPressテーマ「ストーク」

とにかく「美しい!!」
この一言につきます。スマホでの表示もキレイに整っているし、もちろんPCでも見やすいレイアウト表示です。
気になる方は是非一度ご覧になってください♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)